初めて引越しをするなら|専門業者の選び方

家電

新生活を気持ち良く始める

引越において大切な事に、家具レイアウトのシミュレーションが挙げられます。特に冷蔵庫は新居との相性を考慮する必要があるため、しっかりと下調べを行いましょう。また、新居の周辺環境のリサーチも大切で、新居とスーパーの距離や所要時間など、実際に訪れて確認すると良いです。

基本的な作業の流れ

業者

見積もりから当日まで

引越しは何度もすることではないため、流れをよく知らない人が多いです。東京へ引っ越すことが決まったら、引越しの流れを理解しておくと便利です。まず引越し業者探しです。インターネットの一括見積もりサービスを利用して、簡易見積もりを依頼します。一括見積もりサービスなら、東京への引越しを依頼できる信頼できる業者が効率的に見つかります。単身パックの場合は、荷物の量が決まっているので、見積もりのあとに一つの業者に決め、正式に依頼します。一人暮らしでも荷物の量が多い場合や、家族での東京への引越しの場合は、出張見積もりをする必要があります。自宅まで業者さんに来てもらい、実際にどのくらいの費用になるのか見積もってもらうのが出張見積もりです。なお、荷物の量が少なくても、周りの道路が狭かったり、ピアノがある場合は、運搬作業の確認のため出張見積もりをしたほうがよいこともあります。出張見積もりのあとに一つの業者に決めて、正式に作業を依頼します。引越しの日時が決まったら、その日までに荷造りを済ませておくことが大切です。荷造り用のダンボールは、大手業者なら無料で送ってくれます。また、ダンボールではなく、リサイクル可能なハンガーやケースなどもあります。冷蔵庫は前日までに中のものを片付け、コンセントを抜いて霜を落としておくのがお勧めです。引越し当日は業者さんが荷造りした荷物をテキパキトラックに積み、東京まで運送してくれます。

ダンボール

複数の選択肢から決める

長い人生の中で数回しか行わない人も多い引越しは、特別なイベントのようなものです。滅多にしない人からすれば、どのような引越し業者に依頼すれば良いか不安になることもあるでしょう。業者選びで迷った場合は、自分が引越しに何を求めているかイメージを明確にすることが大切です。

部屋

業者決定までの流れ

引っ越しまでの限られた時間を有効に使うためにも業者への見積もり依頼は一度の入力だけで済む引っ越し料金一括見積もりサイトを利用すると良いでしょう。そこから選んだ3社程度の業者に着たもらった時には、相見積もりをしていることを言うと更なる値引きが勝ち取れることがあります。